アジング

2022年1月9日外房アジング釣行記録

どもども、つれつれ丸です。

今回は、2022年初釣行!
外房アジングに行ってきました!

時間としては、16時~25時ぐらいとガッツリ!当日は、風も弱く冷え込みも少なかったのでやりやすかった!

果たして、初釣りで狙い通りアジは釣れたのか?
図鑑に載せられる新魚種は釣れたのか?

では早速本題いってみましょう!

2022年1月9日外房アジング実釣

外房勝浦で夕マヅメアジング!

まず、外房アジングの定番ポイントである勝浦港に行きました!

ここは大きな港で、水深もあるので冬でもアジがいることが多い
鉄板ポイント!

しかし、16時からしか釣りが出来ないルールがあるので要注意!

そして、16時丁度に車を止めて港内を見たら…

人人人!

大人気ですね!

仕方がないので、ホテル三日月前のテトラへ!

ここなら、アジングできるスペースがありました!

まずは0.8gジグ単アジング

ジグヘッドの釣りが好きなので、夕マヅメはまずジグ単でやることが多いです!

個人的な基準となる0.8gのジグヘッドでスタート。
ワームは自作の黄色からスタート!

夕マヅメであたりの光量が減っていきいい感じの雰囲気に!


すると、ボトム付近であたりが!
が、のらない…

この金属系のバイト…
正体を確認するために、キャロへ変更!

すると、次の1投でフッキング!

定番のクサフグですね!

その後日没までは、フグ釣りでした…

日没後も少し勝浦港で粘ってみると…

テトラ側で日没を迎え、少しの時間キャロで広範囲を探っていたけど

フグ、ふぐ、河豚!

そう、クサフグしかいません…

なので、港内を散策!

餌釣りの人たちもあまりの釣れなさなのか
撤退していく人が多いです。

出来たスペースで、キャロ、ジグ単で広範囲に探ってみましたが…
当たりの1つもない!

フグ様すらいない!

すると、背後から

アジ来た!

の歓声が!

どうやら、テトラ側でアジングしていたグループが釣れたよう!

これはチャンス!

自分も、釣ったひとの50mぐらい岸よりのテトラで釣りを再開!

15分ぐらい粘っていると、キャロにきました!

20cmあるなしぐらいの「マアジ」

通算23魚種目
【マアジ】Get!

これは群れが回ってきたか!

と思いましたが…
その後、自分も周りの方も沈黙…

1時間ほど粘りましたが移動を決意…

すでに時間は、19時過ぎ
意外と粘ってしまった…

とりあえず1匹釣れて良かった!

仁右衛門島まで移動

勝浦を後にして、まずは腹ごしらえ!

鴨川にある

「馬琴」

炙りチャーシューが絶品!房州味噌らーめん

冷えたからだのラーメンがしみます!

そして、温まったところで仁右衛門島にやってきました!

先行者も数名いるようだけど、釣れてる雰囲気はない…

ここでは、ジグヘッド0.8gとキャロの2本立てでいきます!

常夜灯周りには、イワシと思われる魚影がたくさん!
アジもいるんじゃないかと、テンションがあがりましたが…

こちらもフグパラダイスでしたね…
でも生命感がすごかったので、少し長い時間粘ってみました!

すると、1匹シーバス?と思われる魚がヒットするも…
途中でばらしてしまいました…
うーん、新魚種が…

これ以上粘っても釣れなそうだったので、移動!

浜荻は立ち入り禁止

どこに行こうか悩み、浜荻漁港を目指していたら、
入口にロープで

立ち入り禁止

の文字、どうやら釣りはできなくなってしまっているみたい…

残念…

天津漁港で最終決戦

浜荻漁協が立ち入り禁止だったので、
天津漁港で最終決戦!

ここでも変わらず、キャロとジグ単で釣り!

常夜灯近くを見ると、イワシ系はいないけど
魚影はあるので、アジもいるかも!

ってなわけで、ジグ単で釣り歩いていると

可愛いカサゴ!

かわいらしいカサゴが釣れました!

通算24魚種目
カサゴGet!

カサゴいましたね!笑

そして、同じように狙っていると…

エイリアン?って色!

「アナハゼ」が釣れました!

通算25魚種目

【アナハゼ】Get!

立て続けに新魚種ゲット!

その後、沈黙…

同じ場所で釣りをしていた人は、カマスを釣り上げてました!
(自分も釣りたかって…)

そんなこともあり、日付が変わっても少し粘ってしまいました…

そろそろ、引き上げようと思った時、

ぷるっ!

新魚種釣れました!

この魚は、自分は初めて釣ったんですが…
おそらく、「クロホシフエダイ」

通算26魚種目
【クロホシフエダイ】Get!

最後の最後で、もう1魚種増やすことが出来ました!

ここで、帰りの眠気との闘いも踏まえて納竿となりました!

2022年1月9日外房アジング釣行まとめ

2021年1月9日外房アジング釣果まとめ

魚種釣果
クサフグ10匹
マアジ(New)1匹
カサゴ(New)1匹
アナハゼ(New)1匹
クロホシフエダイ(New)1匹

今回は、アジは1匹しか釣れませんでしたが、

新魚種を釣り上げることが出来ました!

さすが外房、いろいろな魚がいますね!

アジもサイズ的には20cmぐらいと、外房では中アジと呼べるサイズ。
実家にあげちゃいましたが、おいしく食べてもらえたかな?

2021年1月外房アジング仕掛け

ジグヘッド単体用

ロッド:アジング専用ロッド6.3フィート(ジグ単用)
created by Rinker
ティクト(TICT)
¥28,594 (2024/04/16 20:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

自分が愛用しているアジングロッドです。
軽く、感度も良くて気に入ってます。値段はそこそこしますが…

リール:ダイワ1000番スピニング

自分は10セルテートを愛用しています。
最近はフリームスが気になってます…
比較的安いし、性能も申し分ない!
入門ならこの機種がおすすめです!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,543 (2024/04/16 20:46:29時点 Amazon調べ-詳細)
ライン:エステル0.175号

自分が最も信頼しているエステルライン。
トラブルも少ないし、0.25号で管理釣り場で50cmのニジマスも上がりました。
今回は、おそらく渋い釣りになりそうだったので極細の0.175号にしました!

リーダー:フロロ3ポンド

ヤマトヨテグスさん、フロロリーダー愛用。
使いやすくて、結束強度も出やすいく持ち運びもかさばらない!
最高です。

ジグヘッド:自作ジグヘッド0.4~1.3g

ジグヘッドはほとんど自作しています。

created by Rinker
DUEL(デュエル)
¥592 (2024/04/16 20:46:18時点 Amazon調べ-詳細)

各種ウェイトが入っているので、自作ジグヘッド作成に便利


created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥328 (2024/04/16 20:46:19時点 Amazon調べ-詳細)

このヤマメ針を元に作成しています。

作成方法など、機会がありましたら紹介していきたいと思います。
(市販品の方が、性能は間違いなく上です)

キャロ用

ロッド:アジング専用7.3フィート

キャロ用はこちらのロッドを愛用。
ジグ単よりは長く少し扱いにくいですが、キャロや重めのジグヘッドでは使いやすいです!

リール:ダイワ2000番スピニングリール

キャロ用には少し大きめのスプールの2000番を使用

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,630 (2024/04/16 20:46:20時点 Amazon調べ-詳細)

個人的には、ノーマルギヤが使いやすいです。

ライン:PE0.4号

この、ラパラのPEが一番トラブルなく使えてます。
安いし、使い勝手も良い!

リーダー:フロロ4lb

PEラインのリーダーは少し太めで、4lb~6lbを使用。
ある程度の大きさの魚が掛かっても、この太さなら上げられることが多いです。
フッコサイズなら、大体大丈夫!

キャロ:自作(中通し)
created by Rinker
下田漁具
¥440 (2024/04/16 20:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

こういったチューブに、糸重り、板重りを巻いてウェイト調整して使ってます。
細かい調整が現場で可能なので重宝します。

ジグヘッド:自作またはハリス釣りフック

ジグヘッドは、自作の0.25、0.4gを使用
どうしてもショートバイトの時は、餌用針を使います。

サルカンにハリス付針をセットして使います。
激渋時の最終手段。ジグヘッドと違いどこにフッキングするか分からないで
バラしやすいので要注意!

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥161 (2024/04/16 20:46:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エヌティースイベル(N.T.SWIVEL)
¥199 (2024/04/17 05:59:00時点 Amazon調べ-詳細)

さて、今回の釣行はアジが1匹と残念な結果でしたが、
新魚種の追加もあり、楽しい2022年初釣りとなりました!

2022年度も、つれつれ丸をよろしくお願いいたします!

ではまた!